concept

扉を開ければ、そこはぺルシャの香りがするキャラバンサライの世界。シルクロードのスパイスの道を通った料理の数々が、あなたを未知なる中東の世界へと、いざなってくれるでしょう。

イラン・アラブの味わいを日本にご紹介

日本にいながら中東の世界へ…他では味わえない異国情緒たっぷりの中東料理

日本人にはあまりなじみのないイラン・アラブ料理。
ハーブやヨーグルト、ザクロペーストなどを使用した野菜たっぷりな料理は、日本人の口にもとても合うものです。


イラン・アラブレストランの老舗

1994年六本木にて、イラン人アスガー・ケメスタリィが日本初のイラン・アラブレストラン「アリババ」をオープン。1996年には、同じく六本木にて「アラジン」をオープン。

以来10年以上に渡り、イランを始めとする中東や日本のお客様に
イラン・アラブ料理をご提供しております。


イラン・アラブ料理って、どんな料理?

中東料理は意外な事にスパイシーではなく、日本人の口にも合う野菜たっぷりのヘルシーメニューです。
主食はナン、またはインディカ米。ナンにつけて食べるペーストやシチューは様々な種類があります。
メインは、鶏や羊肉を串焼きにしたもの(ケバブ)を、ナンにはさんだり、ライスとミックスして食べます。


スタッフは全員外国人!

スタッフは全員外国人なので、日本にいながらにして異国情緒を楽しむことが出来ます。
日本語を話せるスタッフもおります!

シェフ紹介


ジョージ・ペレラ


ジョージ・ペレラ

日本に来てからは5年以上に渡り、アラブ料理のシェフとして勤務。
海外ではHyatt Hotelのレストラン等、ベテランシェフとして活躍しておりました。


カーン・メイタップ


カーン・メイタップ

インドレストランのシェフを経験した後、イラン・アラブ料理のシェフより指導を受け、今ではオールマイティに料理をこなします。